味つけ冷凍を活用!簡単、オーブンにおまかせチキンソテー。味がしっかりしみ込んでいてジューシー!

「今日はいつにも増してクタクタだあ。」

 

大抵は帰ってくるといつでもクタクタだと思っているプチ子ですが、ほんとにほんとに今日はもうくたくた過ぎる!という日もあります。

 

もういっそのこと外食にしちゃおうかなあ。

 

でも今から夫の帰りを待ってでかけると時間がかかるんだよなあ。

 

もう家から出たくないし早くソファにごろんとしたい。

 

そんなとき、週末に準備しておいた味つけ冷凍のお肉が役に立ちます。

 

週末にまとめて作る味つけ冷凍についてはこちらで書いています⇒帰ってきて30分以内で作る時短料理!週末に30分の下ごしらえで平日楽しよう

 

この記事で書いていた、チキンのオーブン焼きの冷凍セットを使います。

 

盛り付けまで30分以内で完成、実際手がかかるのは15分くらいです。

 

とっても楽して作れるのにめちゃくちゃおいしい味つけ冷凍セットの活用法をご紹介したいと思います。

 

今日の献立

 

 

今日はチキンのオーブン焼きと野菜たっぷりコンソメスープにしました。

 

チキンソテーは流水でもみもみしてオーブンに並べるだけ!

 

 

 

冷凍庫から出した「チキンのオーブン焼きセット」をジップロックに入ったまま流水にあて、もみもみします。

 

最初は肉と肉が凍っていてくっついていますが、もみもみしているとだんだん中で肉と肉がほぐれてきます。

 

お肉が1切れずつにほぐれたらオッケーです。

 

オーブンの鉄板にクッキングシートを敷き、ジップロックから中身を出します。

 

250度で20~25分焼きます。予熱はなしです。

 

これでもうあとはオーブンにおまかせです。

 

 

具たくさんのコンソメスープ

 

オーブンで焼いている間に、もう一品は野菜のコンソメスープを作りました。

 

これも「冷凍のみそ汁セット」を使います。

 

味つけを味噌ではなくてコンソメにしました。

 

 

鍋に水を沸騰させたら冷凍みそ汁セット、コンソメ1粒、こしょうを入れて煮ます。

 

火が通ったら完成です。

 

写真を撮った時はみそ汁にするつもりで、あぶらあげも映っているのですが、みそ汁セットを鍋に投入したところでコンソメスープにしようと思い、あぶらあげは使いませんでした。

 

 

この献立のいいところ

 

今日の献立は、作るときはまな板と包丁は使っていません。洗い物も少なくなります。

 

盛り付けまでの時間は30分ほどですが、チキンのオーブン焼きも、野菜のコンソメスープも調理の中で自分で手をかけるのは5分ずつくらいです。

 

スープに火が通るまでは他のことができるし、スープが完成した後はオーブンにおまかせで放置できます。

 

オーブンから出来上がりのメロディーが流れるまで、他の家事をしてもいいし、ソファで一息ついてもいいのです。

 

プチ子はソファに座って一息つく派です。

 

オーブンが鳴るまでと決まっているので必要以上にだらだらしてしまうこともありません。

 


 

この献立は、数ある時短メニューの中でも、お気に入り。

 

「もう今日は頑張れないかも」とくじけそうなときの救世主です。

 

こんなに簡単な割に味がしっかりしみ込んでいてとっても美味しいので、夫からも高評価です!

 

かなり楽しているけれど、それでも夕食作ったぞ!という達成感。夫が口にほおばりながら「うまい!」と言っているのを聞いて明日もがんばれそうです。