便利グッズの罠。便利のつもりで買ったものが頭を悩ませる元になっていることに気づく

忙しい主婦の味方、便利グッズ

 

キッチンや掃除の便利グッズがたくさんテレビでも紹介されます。

 

100均に行けば、たった100円でこんないい物が手に入るなんて!とウキウキしてしまうこともあります♪

 

しかし、そんな便利グッズも気を付けないと便利どころが実は逆に不便になっていることもあると気づきました。

 

 

収納スペースに頭を悩ませるという不便

 

物を買ったら必ずその物を収納するスペースが必要になります。

 

便利だからとあれもこれも買い集めていると便利グッズがいつの間にか引き出しいっぱいに占拠していませんか?

 

家じゅうどこを見ても便利グッズが転がっているとか。

 

いくら便利でも場所はとるんですよね。汗

 

便利と思って買ったのに、増えれば増えるほど今度はその収納場所に悩むことになってしまうのです。

 

私が便利グッズについて考えるきっかけをくれたのはフードプロセッサーです。

 

 

 

このフードプロセッサーはおろしカッターやパン生地を作る羽までついていて、機能がたくさんあります。

 

 

 

みじん切りもできるし大根おろしもできるしスライス、千切りもできます。

 

餃子の具も、肉やキャベツなど材料を2、3cm大に切って入れてスイッチオンするだけで作れるようです。

 

ですが、今のところ使ったのは、大根おろしを作るのと、クッキーの生地づくりです。

 

買うときはネットの情報や口コミを見て、あんなこともこんなこともできてとっても便利だ!と買ったのです。

 

しかし現段階のプチ子ではこのたくさんある便利な機能を使いこなし切れていないのです。

 

現時点で便利グッズの恩恵をフル活用しているとは言い難いです。

 

活躍の頻度は少ないのだけれど、収納スペースはかなりとります。

 

 

 

普通のみじん切り用のカッターの他に、おろし用、鬼おろし用、パンの羽、スライス、千切り専用の蓋などがついています。便利な機能に応じてたくさん部品がついているのです。

 

これらをカラーボックス用の収納ボックスにまとめて収納してキチンのキャビネットに置いています。

 

収納の仕方や場所は何回か変えています。あまり便利に使いこなせていない割に収納方法について考えさせられているのです。汗

 

 

便利グッズを買うときに気を付けること

 

便利グッズを買って受けられる恩恵犠牲にする収納スペースは果たして釣り合っているかどうか。

 

便利グッズを買うときに、具体的にこれを買うと今の自分の生活がどのように便利に変化するのかをよく考えることが大切だと思いました。

 

そして、その便利グッズをどこに収納するのか、どのくらい収納スペースをとるのかを考えます。

 

そうしてその便利グッズによる便利さと収納の問題を天秤にかけてやっぱり必要だと思ったら買うのです。

 


 

プチ子はもともとは部屋がちらかっていました。

 

物がたくさんあって収納しきれないし、収納しても収納しすぎていて取り出しにくいか、何があるか把握しきれていない状態でした。

 

もともとそんな感じなので気を付けないとすぐに物を増やしがちです。

 

物が増えれば収納は大変です。

 

すっきり快適に暮らすために、いくら便利なものだとしても、よく吟味してほんとうに必要なものを選んでいかねばと思ったのでした。