衣替えの時期にやること。衣替えがいらない収納にした代わりに洋服の断捨離をします

衣替えの時期になると、タンスの引き出しの中の洋服と、衣装ケースにしまってある服を入れ替えるのはとても面倒でした。

 

そのためプチ子は衣替えをやめました。

 

衣替えをしなくてすむ収納方法についてはこちらで書いてます⇒衣替えに悩まないクローゼット収納!無印の衣装ケースを使って使いやすくしました

 

代わりに、衣替えのこの時期は持っている洋服をチェックして不要なものは断捨離することにしました。

 

 

季節が終わる洋服をチェック

 

夏に来ていた洋服を見直して手放すものは断捨離します。

 

一気に夏の分のすべての洋服をチェックしてしまえばいいのですが、プチ子は一気にやるとなるとなかなか行動に移せないのでちょっとずつやります。

 

家事もなんでもちょっとずつやることが多いです。5分だけなら、やってしまおう!という気になれるからかもしれません。

 

それでは夏に来ていた洋服のトップスをチェックしましょう!

 

トップスは無印の引き出し収納ケースに入っているものと、ハンガーにかけているものがあります。

 

今日は引き出しの収納ケースの中のトップスをチェックしました。

 

 

 

左側のTシャツは、何年も前に購入したTシャツがよれよれで首元がべろんとしてきてしまいました。汗

 

右のグレーのTシャツは10年近く前から持っているのですがとうとう今年は着ませんでした。結構からだにピッタリとするスリムなTシャツで、もう買った頃とは体型も変わってきているので着なくなっていました。

 

この2つを断捨離することに決めました!

 

 

衣替えをしないですむ収納を維持するために

 

むやみに収納場所は増やさない

 

 

半袖のトップスは無印の引き出し1個と決めています。

 

これ以上は増やしません

 

増やすとトップスを出そうと思ったときに2か所の引き出しから探さなくではならないし、やっぱり多すぎます。引き出し2個分もあったら1か月日替わりで違うトップスが着れそう!

 

今年の夏は2着新しくトップスを買ったので引き出しの中がそろそろいっぱいになりかけてきました。

 

そのため持っている洋服をチェックして2着を断捨離したらまた余裕ができました。

 

 

奥に少し余裕ができましたよ♪

 

もし、服を増やし続けていったら収納が足りなくなってしまいます。

 

定期的に持っている洋服をチェックして、増やしたら減らす、そうして収納スペースを一定に保つことが衣替えをしない収納を続けるポイントです♪

 

 

洋服を手放すときのポイント

 

・今年着たかどうか

 

気に入っているなら今年も着たはず!着なかったということは、実はそんなに気に行ってないのかも。

 

着ていないけれど着なきゃもったいない服、一度来てみるけれど、もうその後は着なかった。そんなことありませんか?

 

そんな服は、もしかしたらやっぱり気に入ってないのかもしれません。

 

どうせなら気に入った服を大事に楽しみたいですよね。

 

気に入っていない服ばかりを残すと、気に入っていないので忘れて放置しがち。活躍しないのに収納スペースを圧迫していくこともあります。

 

 

・まだ着れるのか

 

洋服の傷み具合を見ます。

 

そろそろ首元がよれよれしてきたなあ、色あせてきちゃったなあと思ったら思い切ってお別れのときかもしれません。

 

体型が変わって似合わなくなった洋服も、気に入ってると名残惜しいけれどお別れを考えるときかもしれませんね。

 


 

 

平日は仕事から帰ってきてまとまった時間は取りにくいけれど、今日はここだけ、と決めると取り掛かりやすいです♪

 

ちょこちょこ衣替えの変わりに調整をしていこうと思います。