湿度の高いお風呂場には悩みがいっぱいです。

 

シャンプーボトルの裏側のぬめり、湿ったスポンジにはえるカビ、お風呂用洗剤を置いているお風呂場床の隅っこのぬめり、どれも大嫌いです!汗

 

お風呂場にはからだや髪の毛を洗うほかにも掃除する道具や洗剤などグッズがいっぱいです。

 

これらのお風呂場グッズを置いているせいでグッズ周りはぬめりカビなどの汚れが発生しがちでした。

 

でも、お風呂場グッズ収納方法を改善してからはこれらの悩みに悩まされることが、ぐんと減りました♪

 

 

お風呂場の悩み

 

お風呂場グッズのぬめり、汚れにはこんなものがありました。

 

・シャンプー、トリートメント、ボディウォッシュなどのボトルの裏のぬめり

・掃除用洗剤ボトルの裏のぬめり

・掃除用スポンジのぬめり、カビ

・グッズを置いている床のぬめり、汚れ

 

これらの汚れには気づいていても面倒くさくてついつい放っておきがちでした。

 

だってぬめぬめしていて触るのも嫌。泣

 

でも汚くなっていることはわかっているのでお風呂場に入る度に目に入る汚れが、じわじわと私にプチストレスを与えていました。

 

旅行でとまる旅館やホテルのお風呂場は、すかっとピカピカとってもキレイです。

 

自分の家の風呂場とは大違い。いつもあんなお風呂場なら気持ちよくていいのになあと思っていました。

 

しかし、新しいお家になったのをきっかけに、もうこれからはきれいなお風呂場で気持ちよく毎日お風呂に入りたい!と強く思い、お風呂場グッズの収納を大改造しました。

 

 

お風呂場グッズは床に置かない

 

お風呂場グッズはお風呂場内の床や台には極力置かないことにしました。

 

ボトルもグッズも、置くからその部分が乾燥せずに水気が残り、ぬめりやカビの原因になります。

 

接地させなければ乾燥しやすくぬめりやカビを予防しやすくなりますよね

 

 

お風呂場の掃除グッズの収納

 

我が家のお風呂の掃除グッズには、お風呂用洗剤のボトル、浴槽を洗う柄付きスポンジ、スクイジー、お風呂場の壁を拭く用のワイパーがあります。

 

これらはお風呂場の床には置かず、吊り下げることにしました。

 

 

このように、お風呂場内のタオルかけような手すりにフックを使って吊り下げています。

 

こうすれば水キレもよく乾燥しやすいですよね♪

 

 

シャンプー、トリートメント、ボディウォッシュなどのボトル類の収納

 

シャンプー、トリートメント、ボディウォッシュのボトル類は、お風呂場の外に置くことにしました。

 

使い終わったらシャワーのお湯を当ててきれいに流します。

 

そしてお風呂場入口のお風呂マットに一旦置いておきます。こうするとボトルの水気が少し切れますよ♪

 

お風呂から出て、からだを拭き髪の毛を乾かした後にボトルをささっとタオルで拭いて洗面所の洗濯機上の棚に置きます。

 

お風呂に入るときは、この洗濯機の前で服を脱いで、タオルを洗濯機の上に置いて、シャンプーなどのボトル類を持ってお風呂場に入ります。

 

3つのボトルを持つのは少し大変ですがなんとかなります!手の指と指の間にボトルの吐出口を挟みこんで持っています。笑

 


 

毎日のバスタイムは気持ちよく過ごしたいですよね。

 

忙しくて短いバスタイムだとしても、やっぱりきれいなお風呂で一日の汚れを洗い流せれば気持ちがいいものです♪