生ゴミの臭いがゴミ箱から臭ってくる前に!臭い改善のための5ステップ

仕事から帰ってくると部屋の中はもあっとした暑さです。こんな暑い季節はキッチンゴミ箱からの臭いが気になりますよね。

 

ゴミ箱のふたを開けると、ウッと鼻をつまみたくなるような、いやーな臭いがすることがあるんです。

 

ゴミ箱だけならまだしもキッチン全体まで臭いが漏れていることも!

 

私もこんな苦い経験があったのですが、生ゴミを捨てるときのちょっとした工夫で臭いを改善することができました。

 

これでもう朝起きてきたときになんとなく臭うキッチンに不快な気分になったり、仕事からへとへとで帰ってきたときに、げんなり眉間にシワを寄せることもありません。

 

今日は、我が家での生ゴミ臭い対策をお話します。

 

新聞紙とアルカリ電解水を使って臭い対策

 

生ゴミの水分と菌の繁殖を抑えると、臭いを少なくすることができます。

 

そこで、プチ子は新聞紙アルカリ電解水を使い、下記の5ステップで生ゴミを処理しています。

 

アルカリ電解水

 

 

1.生ゴミを捨てる前になるべく水気をきる

 

2.ビニール袋に新聞紙を敷く

 

3.生ゴミをその上に捨てる

 

4.生ゴミの上からアルカリ電解水をスプレーする

 

5.密封してゴミ箱に捨てる

 

 

臭いがでる原因は、生ゴミについている菌の繁殖です。

 

菌が繁殖することによって生ゴミが分解される、この状態を「くさっている」といい、臭い物質が発生して、あのいやーな臭いがします。

 

菌の繁殖は、栄養、水分、温度により活発になります。そのため、このどれかを抑えることが大切です。

 

我が家の対策方法では下記のような意味があります。

 

生ゴミを捨てる前になるべく水気をきる

水分があると菌が繁殖しやすくなります。

排水カゴにたまる生ゴミは、ネットを使用して捨てるときに水気を切るようにします。

 

ビニール袋に新聞紙を敷く

袋の底に新聞紙を敷くことで、生ゴミからでる水分が下に落ちてきたときに新聞紙が水分を吸ってくれます

 

アルカリ電解水をスプレーする

生ゴミから出る臭い物質は酸性なのでアルカリ電解水が中和してくれます。除菌効果もあります。

 

その他の臭い対策

 

その他にこんな方法があります。

 

・重曹を使う
・アルコールスプレーを使う
・生ゴミ処理機を使う
・冷蔵庫、冷凍庫に入れる

 

重曹を使う

重曹が生ゴミの水分を吸い取ってくれます。

アルカリ性なので、生ゴミに振りかけておくと酸性である臭い物質を中和してくれます。

 

アルコールスプレーを使う

アルコールには除菌作用があります。

アルコールをスプレーしておくことで菌の繁殖を抑えることができます。

 

生ゴミ処理機を使う

生ゴミ処理機を使い生ゴミの水分を断ちます。

値段を調べてみたところ安いもので2万円から、高いと6万円くらいのものまであります。生ゴミをパリパリに乾燥させることができるようです。

 

冷蔵庫、冷凍庫に入れる

温度が高いと菌は繁殖しやすいです。冷蔵庫や冷凍庫に入れて菌の繁殖を抑えることで臭い物質が発生しにくくなります。

袋が破れたり漏れたりすることがないように気を付ける必要があります。

 


 

ポイントは、菌の繁殖をいかに抑えるかですね。プチ子は新聞紙とアルカリ電解水を使用していますが、アルカリ電解水はお掃除にも使えるので我が家では重宝しています。

 

生ゴミ処理機も気になりますね!初期投資費用が結構かかるので、うーん、気になる、気になるけど悩んでしまいます。

 

更にいい方法が見つかればまたお話していきたいです。

 

あなたの悩みに少しでも役に立てたら嬉しく思います。