衣替えに悩まないクローゼット収納!無印の衣装ケースを使って使いやすくしました

暑い日が終わるころ、いつの間にか衣替えの季節はやってきます。

 

なかなかめんどくさい衣替え、タイミングも悩みますよね。

 

シーズンの洋服は部屋の衣装タンスに、オフシーズンの洋服は、フタつきの収納ボックスに入れてクローゼットや押入れの中に積み上げて収納することが多いでしょうか。

 

私もこどもの頃からこの方法でした。

 

衣替えの時期が来ると、せっせとタンスの中の洋服と、しまってあった衣装ボックスの中の洋服とを入れ替えていました。

 

でも季節の変わり目が近づいても、なかなか入れ替えるのがめんどくさくてそのまま。

 

そんなことしていたら急に肌寒い日がきて、わあ、着るものがない!

 

急いで収納ボックスを引っ張り出してきて服を探そうにもなかなか見つからない!

 

うう、こんなことならもっと早く衣替えをしておくべきだったと嘆くこともありました。

 

1年に2回でも、タンスの引き出しの中身をごっそり入れ替えるのは一仕事ですよね。

 

しかも洋服の入れ替えの時期はなかなかタイミングが計りずらい。

 

毎年めんどくさいなあと思いながらやっていた衣替え。

 

しかし、クローゼットの収納を見直して衣替えをとっても楽ちんにすることができました。

 

 

衣替えは中身を入れ替えない

 

タンスの引き出しから洋服をすべて出して、衣装ボックスの中の洋服を引き出しにしまって、それから今度はタンスから出した洋服を衣装ボックスにしまう。

 

出して→しまって→またこっちもしまって

 

この作業が、衣替えという作業をとても億劫にさせていました。

 

そこで、洋服を引き出しに収納するハンガーにかけることにしたのです。

 

無印の「ポリプロピレンクローゼットケース引出式」を使っています。

 

 

オフシーズンの服をフタつきの衣装ボックスにしまいこみません。

 

衣替えの度に、タンスの中身をすべて取り出して収納ボックスに入れ替えるという手間がなくなりました。

 

引き出しごと入れ替える

 

そしてこの方法だと、なんと引き出しの中身を出し入れせずに引き出しごと移動ができます。

 

クローゼットにすべての洋服が収まらなくても大丈夫。

 

その場合は、クローゼットにはオフシーズンの服や頻度が低い服を入れます。

 

部屋にタンスの代わりに無印のクローゼットケースを置いて、シーズンの服を入れます。

 

 

衣替えの時期になったら、引き出しごと入れ替えるだけで衣替えが完了します。

 

引き出しの中の服を出し入れするのではなくて、引き出しごと抜き出してしまうんです。

 

プチ子はたたむのがめんどくさくてハンガー収納をしていますが、ハンガーは使わずに引き出しだけに収納する人もいるかもしれませんね。

 

それでもとにかくすべての服がすぐに取り出せる状態になっていれば楽ちんです。

 

無印のこの引き出しのいいところは、「引き出しが、引き出して取り外せるようになっている」ということです。

 

引き出しが勢いよく引き出して抜けないようにストッパーがついている商品もあります

が、それではなくこの引き出して取り外せるというところが重要です。

 

そして、見た目もすっきりシンプルです。

 


 

この方法にしてから、季節の変わり目に急に寒くなった日でもいつでも着たい服が着られてとっても楽ちんになりました。

 

休みの日に気合を入れて朝から衣装ボックスや服を床に並べなくてすみます。

 

もし、服が極端に少なければ、衣替えがどんなに楽ちんなんだろうとも思います。

 

この収納方法にしてからは、すべての服を把握しやすくなったので、ちょこちょこ不要な服を処分したりもしています。

 

でもまだまだ服の数は多いので、この方法が今はとっても快適です。

 

服の断捨離も取り組んでいきたいなあと思います。